労働力調査 202011 令和2年11月分

労働力調査 202011 令和2年11月分

【就業者】

・就業者数は6707万人。前年同月に比べ55万人の減少。8か月連続の減少
・雇用者数は6017万人。前年同月に比べ29万人の減少。8か月連続の減少
・正規の職員・従業員数は3547万人。前年同月に比べ21万人の増加。6か月連続の増加。非正規の職員
・従業員数は2124万人。前年同月に比べ62万人の減少。9か月連続の減少・主な産業別就業者を前年同月と比べると,「宿泊業,飲食サービス業」,「製造業」,「サービス業(他に分類されないもの)」などが減少

【就業率】(就業者/15歳以上人口×100)

・就業率は60.6%。前年同月に比べ0.3ポイントの低下
・15~64歳の就業率は77.7%。前年同月に比べ0.2ポイントの低下

【完全失業者】

・完全失業者数は195万人。前年同月に比べ44万人の増加。10か月連続の増加
・求職理由別に前年同月と比べると,「勤め先や事業の都合による離職」が20万人の増加。「自発的な離職(自己都合)」が4万人の増加。「新たに求職」が13万人の増加

【完全失業率】(完全失業者/労働力人口×100)

・完全失業率(季節調整値)は2.9%。前月に比べ0.2ポイントの低下

【非労働力人口】

・非労働力人口は4165万人。前年同月に比べ10万人の減少。8か月ぶりの減少

(令和2年12月25日総務省統計局参照)

投稿者:N2 投稿日時:

労働力調査 202010 令和2年10月分

労働力調査 202010 令和2年10月分

【就業者】

・就業者数は6694万人。前年同月に比べ93万人の減少。7か月連続の減少
・雇用者数は5998万人。前年同月に比べ48万人の減少。7か月連続の減少
・正規の職員・従業員数は3535万人。前年同月に比べ9万人の増加。5か月連続の増加。非正規の職員・従業員数は2111万人。前年同月に比べ85万人の減少。8か月連続の減少
・主な産業別就業者を前年同月と比べると,「宿泊業,飲食サービス業」,「農業,林業」,「サービス業(他に分類されないもの)」などが減少

【就業率】(就業者/15歳以上人口×100)

・就業率は60.4%。前年同月に比べ0.8ポイントの低下
・15~64歳の就業率は77.3%。前年同月に比べ0.9ポイントの低下

【完全失業者】

・完全失業者数は215万人。前年同月に比べ51万人の増加。9か月連続の増加
・求職理由別に前年同月と比べると,「勤め先や事業の都合による離職」が22万人の増加。「自発的な離職(自己都合)」が11万人の増加。「新たに求職」が4万人の増加

【完全失業率】(完全失業者/労働力人口×100)

・完全失業率(季節調整値)は3.1%。前月に比べ0.1ポイントの上昇

【非労働力人口】

・非労働力人口は4159万人。前年同月に比べ22万人の増加。7か月連続の増加

(令和2年12月1日総務省統計局参照)

投稿者:N2 投稿日時:

労働力調査 202009 令和2年9月分

労働力調査 202009 令和2年9月分

【就業者】

・就業者数は6689万人。前年同月に比べ79万人の減少。6か月連続の減少
・雇用者数は5961万人。前年同月に比べ56万人の減少。6か月連続の減少
・正規の職員・従業員数は3529万人。前年同月に比べ48万人の増加。4か月連続の増加。非正規の職員・従業員数は2079万人。前年同月に比べ123万人の減少。7か月連続の減少
・主な産業別就業者を前年同月と比べると,
「宿泊業,飲食サービス業」,「製造業」,
「農業,林業」などが減少

【就業率】(就業者/15歳以上人口×100)

・就業率は60.3%。前年同月に比べ0.7ポイントの低下
・15~64歳の就業率は77.2%。前年同月に比べ0.7ポイントの低下

【完全失業者】

・完全失業者数は210万人。前年同月に比べ42万人の増加。8か月連続の増加
・求職理由別に前年同月と比べると,「勤め先や事業の都合による離職」が19万人の増加。
「自発的な離職(自己都合)」が6万人の増加。
「新たに求職」が9万人の増加

【完全失業率】(完全失業者/労働力人口×100)

・完全失業率(季節調整値)は3.0%。前月と同率

【非労働力人口】

・非労働力人口は4179万人。前年同月に比べ32万人の増加。6か月連続の増加

投稿者:N2 投稿日時:

労働力調査 202008 令和2年8月分

労働力調査 202008 令和2年8月分

【就業者】

・就業者数は6676万人。前年同月に比べ75万人の減少。5か月連続の減少
・雇用者数は5946万人。前年同月に比べ79万人の減少。5か月連続の減少
・正規の職員・従業員数は3535万人。前年同月に比べ38万人の増加。3か月連続の増加。非正規の職員・従業員数は2070万人。前年同月に比べ120万人の減少。6か月連続の減少
・主な産業別就業者を前年同月と比べると,
「製造業」,「宿泊業,飲食サービス業」,
「卸売業,小売業」などが減少

【就業率】(就業者/15歳以上人口×100)

・就業率は60.3%。前年同月に比べ0.6ポイントの低下
・15~64歳の就業率は77.2%。前年同月に比べ0.7ポイントの低下

【完全失業者】

・完全失業者数は206万人。前年同月に比べ49万人の増加。7か月連続の増加
・求職理由別に前年同月と比べると,「勤め先や事業の都合による離職」が19万人の増加。
「自発的な離職(自己都合)」が2万人の増加。
「新たに求職」が17万人の増加

【完全失業率】(完全失業者/労働力人口×100)

・完全失業率(季節調整値)は3.0%。前月に比べ0.1ポイントの上昇

【非労働力人口】

・非労働力人口は4188万人。前年同月に比べ11万人の増加。5か月連続の増加

投稿者:N2 投稿日時:

労働力調査 202007 令和2年7月分

労働力調査 202007 令和2年7月分

【就業者】

・就業者数は6655万人。前年同月に比べ76万人の減少。4か月連続の減少
・雇用者数は5942万人。前年同月に比べ92万人の減少。4か月連続の減少
・正規の職員・従業員数は3578万人。前年同月に比べ52万人の増加。2か月連続の増加。非正規の職員・従業員数は2043万人。前年同月に比べ131万人の減少。5か月連続の減少
・主な産業別就業者を前年同月と比べると,「宿泊業,飲食サービス業」,「建設業」,「生活関連サービス業,娯楽業」などが減少

【就業率】(就業者/15歳以上人口×100)

・就業率は60.0%。前年同月に比べ0.7ポイントの低下
・15~64歳の就業率は76.9%。前年同月に比べ1.0ポイントの低下

【完全失業者】

・完全失業者数は197万人。前年同月に比べ41万人の増加。6か月連続の増加
・求職理由別に前年同月と比べると,「勤め先や事業の都合による離職」が19万人の増加。
「自発的な離職(自己都合)」が4万人の増加。
「新たに求職」が13万人の増加

【完全失業率】(完全失業者/労働力人口×100)

・完全失業率(季節調整値)は2.9%。前月に比べ0.1ポイントの上昇

【非労働力人口】

・非労働力人口は4224万人。前年同月に比べ24万人の増加。4か月連続の増加

投稿者:N2 投稿日時:

労働力調査 202006 令和2年6月分

労働力調査 202006 令和2年6月分

【就業者】

 ・就業者数は6670万人。前年同月に比べ77万人の減少。3か月連続の減少
 ・雇用者数は5929万人。前年同月に比べ94万人の減少。3か月連続の減少
 ・正規の職員・従業員数は3561万人。前年同月に比べ30万人の増加。2か月ぶりの増加。
  非正規の職員・従業員数は2044万人。前年同月に比べ104万人の減少。4か月連続の減少
 ・主な産業別就業者を前年同月と比べると,
  「宿泊業,飲食サービス業」,「建設業」,
  「生活関連サービス業,娯楽業」などが減少

【就業率】(就業者/15歳以上人口×100)

・就業率は60.2%。前年同月に比べ0.6ポイントの低下

・15~64歳の就業率は77.1%。前年同月に比べ0.8ポイントの低下

【完全失業者】

・完全失業者数は195万人。前年同月に比べ33万人の増加。5か月連続の増加

・求職理由別に前年同月と比べると,「勤め先や事業の都合による離職」が19万人の増加。
  「自発的な離職(自己都合)」が6万人の増加。
  「新たに求職」が7万人の増加

【完全失業率】(完全失業者/労働力人口×100)

・完全失業率(季節調整値)は2.8%。前月に比べ0.1ポイントの低下

【非労働力人口】

・非労働力人口は4210万人。前年同月に比べ36万人の増加。3か月連続の増加

投稿者:N2 投稿日時:

労働力調査 202005 令和2年5月分

労働力調査 202005 令和2年5月分

【就業者】

 ・就業者数は6656万人。前年同月に比べ76万人の減少。2か月連続の減少
 ・雇用者数は5920万人。前年同月に比べ73万人の減少。2か月連続の減少
 ・正規の職員・従業員数は3534万人。前年同月に比べ1万人の減少。8か月ぶりの減少。非正規の職員・従業員数は2045万人。前年同月に比べ61万人の減少。3か月連続の減少

・主な産業別就業者を前年同月と比べると,
  「宿泊業,飲食サービス業」,
  「卸売業,小売業」,
  「生活関連サービス業,娯楽業」などが減少

【就業率】(就業者/15歳以上人口×100)

・就業率は60.1%。前年同月に比べ0.6ポイントの低下
・15~64歳の就業率は76.9%。前年同月に比べ0.7ポイントの低下

【完全失業者】

・完全失業者数は198万人。前年同月に比べ33万人の増加。4か月連続の増加
・求職理由別に前年同月と比べると,「勤め先や事業の都合による離職」が12万人の増加。
「自発的な離職(自己都合)」が5万人の増加。
「新たに求職」が14万人の増加

【完全失業率】(完全失業者/労働力人口×100)

・完全失業率(季節調整値)は2.9%。前月に比べ0.3ポイントの上昇

【非労働力人口】

・非労働力人口は4221万人。前年同月に比べ37万人の増加。2か月連続の増加

投稿者:N2 投稿日時:

労働力調査 202004 令和2年4月分

労働力調査 202004 令和2年4月分

【就業者】

・就業者数は6628万人。前年同月に比べ80万人の
  減少。88か月ぶりの減少
 ・雇用者数は5923万人。前年同月に比べ36万人の
  減少。88か月ぶりの減少
 ・正規の職員・従業員数は3563万人。前年同月に
  比べ63万人の増加。7か月連続の増加。
  非正規の職員・従業員数は2019万人。前年同月
  に比べ97万人の減少。2か月連続の減少
 ・主な産業別就業者を前年同月と比べると,
  「宿泊業,飲食サービス業」,
  「卸売業,小売業」,「製造業」などが減少

【就業率】

(就業者/15歳以上人口×100)
 ・就業率は59.8%。前年同月に比べ0.7ポイント
  の低下
 ・15~64歳の就業率は76.8%。前年同月に比べ
  0.6ポイントの低下


【完全失業者】

 ・完全失業者数は189万人。前年同月に比べ
  13万人の増加。3か月連続の増加
 ・求職理由別に前年同月と比べると,「勤め先や
  事業の都合による離職」が9万人の増加。
  「自発的な離職(自己都合)」が4万人の減少。
  「新たに求職」が13万人の増加

【完全失業率】

(完全失業者/労働力人口×100)
 ・完全失業率(季節調整値)は2.6%。前月に
  比べ0.1ポイントの上昇

【非労働力人口】

 ・非労働力人口は4253万人。前年同月に比べ
  58万人の増加。59か月ぶりの増加

投稿者:N2 投稿日時:

労働力調査 202003 令和2年3月分

労働力調査 202003 令和2年3月分

【就業者】

 ・就業者数は6700万人。前年同月に比べ13万人の
  増加。87か月連続の増加
 ・雇用者数は6009万人。前年同月に比べ61万人の
  増加。87か月連続の増加
 ・正規の職員・従業員数は3506万人。前年同月に
  比べ67万人の増加。6か月連続の増加。
  非正規の職員・従業員数は2150万人。前年同月
  に比べ26万人の減少。2か月ぶりの減少
 ・主な産業別就業者を前年同月と比べると,
  「医療,福祉」,「卸売業,小売業」などが
  増加,「製造業」などが減少


【就業率】

(就業者/15歳以上人口×100)
 ・就業率は60.4%。前年同月に比べ0.1ポイント
  の上昇
 ・15~64歳の就業率は77.5%。前年同月に比べ
  0.3ポイントの上昇

【完全失業者】

 ・完全失業者数は176万人。前年同月に比べ
  2万人の増加。2か月連続の増加
 ・求職理由別に前年同月と比べると,「勤め先や
  事業の都合による離職」が4万人の増加。
  「自発的な離職(自己都合)」が8万人の減少。
  「新たに求職」が6万人の増加


【完全失業率】

(完全失業者/労働力人口×100)
 ・完全失業率(季節調整値)は2.5%。前月に
  比べ0.1ポイントの上昇

【非労働力人口】

 ・非労働力人口は4198万人。前年同月に比べ
  20万人の減少。58か月連続の減少

「令和2年3月労働力調査結果」(総務省統計局)(当該ページのURL)(令和2年4月28日公表を利用)

投稿者:N2 投稿日時:

労働力調査 202002 令和2年2月分

労働力調査 202002 令和2年2月分

【就業者】


 ・就業者数は6691万人。前年同月に比べ35万人の
  増加。86か月連続の増加
 ・雇用者数は6026万人。前年同月に比べ64万人の
  増加。86か月連続の増加
 ・正規の職員・従業員数は3530万人。前年同月に
  比べ44万人の増加。5か月連続の増加。
  非正規の職員・従業員数は2159万人。前年同月
  に比べ2万人の増加。2か月ぶりの増加
 ・主な産業別就業者を前年同月と比べると,
  「卸売業,小売業」,「医療,福祉」,
  「不動産業,物品賃貸業」などが増加


【就業率】

(就業者/15歳以上人口×100)
 ・就業率は60.4%。前年同月に比べ0.4ポイント
  の上昇
 ・15~64歳の就業率は77.7%。前年同月に比べ
  0.5ポイントの上昇


【完全失業者】


 ・完全失業者数は159万人。前年同月に比べ
  3万人の増加。4か月ぶりの増加
 ・求職理由別に前年同月と比べると,「勤め先や
  事業の都合による離職」が1万人の増加。
  「自発的な離職(自己都合)」が3万人の増加。
  「新たに求職」が1万人の増加


【完全失業率】

(完全失業者/労働力人口×100)
 ・完全失業率(季節調整値)は2.4%。前月と
  同率


【非労働力人口】


 ・非労働力人口は4225万人。前年同月に比べ
  42万人の減少。57か月連続の減少

投稿者:N2 投稿日時: